ライブチャットや出会い系など流行している中、テレクラブームも密かに再燃しています。

一世を風靡したテレクラブームを解説するサイトヘッダー画像

密かにブーム再燃?

 

決して、テレクラは廃れてしまった存在という訳ではありません。

 

出会い系サイト、ライブチャットが未だに第一線を走る中、テレクラを利用する人たちが増えていると言われています。

 

テレクラのプチブームが来ている理由について考察して行きたいと思います。

 

 

テレクラ需要の増加

テレクラの需要が再燃しているイメージ

  • テレクラ派はテレクラを支持
  • ライブチャットを求めている人たちはライブチャットを全面的に支持
  • 出会い系サイト派は出会い系サイトしかやらない

といった形で派閥がしっかりと別れた形に落ち着いていましたが、この勢力図に大きな変化が起きています。

 

それは、それぞれにメリット・デメリットがあり、不足している点を補うために別のサービスを併用する層が現れたためです。
まずは各サービスのデメリットを確認していきましょう。

 

 

ライブチャットのデメリット

 

ライブチャットのデメリットは、バーチャルセックスの世界なのでほとんど女の子と出会うことが出来ない点です。

 

もちろん、ライブチャットで仕事をしている女の子たちはかなり自由性の高い素人の女の子たちばかりですので、男性から頑張って交渉すれば可能性はない訳ではありません。

 

チャットレディ―側も、イケメンの男性を見つければ会ってもいいという気持ちが起こるでしょう。

 

ただし、他のサービスとは違って可能性は決して高くありませんので、合理的に出会いたいのであればテレクラや出会い系サイトを利用した方が良いです。

 

 

テレクラのデメリット

 

次にテレクラのデメリットを考えてみましょう。
元々は「素人と会いたい」という層が中心でしたが、現在では求人募集によって集められた女の子(サクラ)であったり、風俗嬢が仕事のために利用していたりと、なかなか初々しい女の子とは出会うことが難しくなっています。

 

男性たちが初々しい女の子に出会いたいというのなら、ライブチャットがいいでしょう。

 

ライブチャットに何故素人が寄ってくるのかと言うと、

 

  • 顔を出さなくても良い
  • 自宅で簡単にはじめられる

 

といった理由で多くの女性が安心感を持って参加できるためです。

 

副業として始める学生主婦の方が非常に多く、素人とお話するのにはうってつけのサービスと言えるでしょう。

 

 

ライブチャットとテレクラの関係

テレクラとライブチャットのバランス

ライブチャットなら、ちょっとしたスキマの時間を利用してガッツリ稼ぐことが出来ますので、副業としても有効的手段と捉えられています。

 

しかもチャットレディーは素人が多いため、交渉如何では実際に会うことも可能かもしれません。

 

テレクラとライブチャットは、画面を通して話す電話で話すかの違いだけですが、素人を発掘したいのであればライブチャットは狙い目です。

 

ブーム再燃の兆しを見せているテレクラではありますが、現在の女の子の状況を鑑みると、やはりライブチャットに分があると言えるでしょう。

 

「ライブチャットや出会い系に飽きてしまった…」
という方は、テレクラを利用して別の刺激を求めるのも良いかもしれません。

 

コストパフォーマンス別に選ぶ遊び方とは?