テレクラの一般女性に安易に手を出すと、思わぬトラブルに発展することも

一世を風靡したテレクラブームを解説するサイトヘッダー画像

テレクラのリスク~一般女性編

 

一世を風靡したテレクラですが、現代ではすっかり息を潜めてしまっています。

 

そんな状況であっても、やはり根強いファンがいるのか少数の店舗が今でもサービスを行っているのです。

 

出会い系やライブチャットなど新しい形態が定着している昨今、テレクラの価値とは何なのでしょうか?

 

素人の女性と出会いやすいというかつての成功体験が関係しているのか、詳しく紐解いて行きたいと思います。

 

ここではテレクラを利用するリスクを紹介するので肝に銘じておきましょう。

 

 

テレクラはリスクが大きい

RISKと書かれたブロック

残念なことに、テレクラで一般女性と出会う確率はほぼ無いと言って良いです。

 

全盛期の頃であれば若い美人がテレクラに集まって来ていたので、交渉次第では直接会うことも可能でした。

 

ですが、現代のテレクラでは素人女性と会うのは非常に難しいでしょう。

 

気持ちを落ち着けて、冷静になって考えてみてください。

 

若い女性がテレクラを利用するメリットは何かあるでしょうか?

 

気軽にライブチャットや出会い系サイトやアプリを利用出来る現代で、若い世代がわざわざテレクラを利用するメリットは無いのです。

 

だからこそ、テレクラに居るのは店舗側が雇ったサクラや、美人局を企む犯罪グループなどが考えられます。

 

テレクラは性的な好奇心を満たすには、あまりにもリスクの高い場所となってしまっているのです。

 

ちょっと虚しい思いをする程度では済まない恐れがあるので注意してください。

 

 

テレクラを利用する美人局

美人局のイメージ画像

ライブチャットなどの様々な選択肢がある中で、テレクラを利用している女の子は訳アリだと見て良いでしょう。

 

仮にテレクラを利用した際に、簡単に出会えるような空気になったのなら美人局を警戒するべきです。

 

ガードの緩い子が居てラッキーだと思うかもしれませんが、相手は複数の男と一緒に待ち構えているかもしれません。

 

年齢層的にもテレクラを利用するのは40代や50代で、殴り合いになっても負ける恐れが高いです。

 

家庭や仕事で相応の地位にいることも多く、それを理由に大金を出せと脅されるケースも確認されています。

 

美人局に遭遇したら警察へ連絡するのが一番ですが、情けなさや羞恥心から相談出来ない人が多いです。

 

テレクラを利用するなら、こうしたリスクがあることを意識しなければなりません。

 

 

未成年のリスク

座っている未成年の女性

時々ではありますが、テレクラに未成年が混じっていることがあります。

 

インターネットの環境が限られており、無知な少女がテレクラでお小遣い稼ぎをしようとするのです。

 

未成年と聞いて喜ぶ男性もいるかもしれませんが、正直言ってリスクが高過ぎます。

 

テレクラを利用する未成年は知識が少なく、情報管理がザルと言って良いでしょう。

 

夜中に警察に補導されたり、両親に発覚したりして、簡単にバレてしまうのです。

 

このようなリスクもあるため、テレクラよりもライブチャットや出会い系アプリの方が使いやすいのです。