出会い系サイトが登場したことにより、テレクラ、ツーショットといったサービスは廃れていきました。

一世を風靡したテレクラブームを解説するサイトヘッダー画像

出会い系サイトとは

 

かつて、ツーショットによりテレフォンセックスを求めていた時代がありました。

 

テレクラからツーショットへとブームが移りましたが、そのうち男性たちは「実際に出会ってセックスをしたい」と思うようになりました。

 

そこで登場したのが「出会い系サイト」です。

 

 

テレクラと出会い系サイトの違い

出会い系サイトを利用している女性

テレクラは、利用者が直接店舗へ行かなければ利用することができません。

 

一方で、ツーショットダイヤルは電話番号さえ分かれば全国ネットで利用する事が出来ますので、多くの男性たちに「ちょっと利用してみようかな?」という気持ちを湧き起こさせました。

 

テレクラ、ツーショットダイヤルが時代と共に衰退してきたころに彗星の如く現れたのが「出会い系サイト」です。

 

携帯電話さえ持っていれば“出会い”“テレフォンセックス”“割り切り”といった全ての事柄に対応しているため、あっという間に人気となり、現代に於いても多くの利用者が存在しているサービスとなりました。

 

 

料金システム

テレクラやツーショットダイヤルの場合、時間制で1時間2000円あたりの料金を支払いしなければならず、実際に繋がっても繋がらなくとも料金は同じように発生します。

 

出会い系サイトの場合、メール1通辺り○円登録料○円といった継続的な料金が掛かるシステムが多くなっています。

 

ただし、出会い系サイトの中には無料のものも数多く存在しており、この場合であれば料金は掛かりません。

 

かつては「スタービーチ」等の無料出会い系サイトが一世を風靡し、多くの男女が利用しました。

 

 

出会い系サイトがもたらした変化

実際に出会ったイメージ

人類が誕生してから今日に至るまでセックスは男女が実際に対面して行うのが一般的でしたが、ツーショットダイヤルによって「テレフォンセックス」が登場しました。

 

このとき「手っ取り早く自宅で性欲を満たせるのであればテレフォンセックスでもいいかな」と思っていた男性も多いはずです。

 

テレフォンセックスとは、いわば声や音だけを頼りにして行うセックスのことであり、そこには、肉体がありません。

 

普段、私達は肉体に依存したセックスをしている訳ですが、逆に肉体によってセックスの自由性が失われているとも言えます。

 

セックスが現代のツールを通して別の形へと変化し、テレフォンセックスという新しい形を生み出したのです。

 

 

肉体有のセックスに勝てなかった

しかし、それでも結局は実際に会うことが出来る「出会い系サイト」に勝つことはできませんでした。

 

テレフォンセックスは、声・音に依存するセックスであり肉体という障害はありませんが、所詮はバーチャル上のセックスにすぎません。

 

バーチャルセックスに酔うほど、男性たちは会ってぬくもりを感じたいという気持ちも高くなってしまうのでしょうか。
ツーショットダイヤルが終焉し出会い系サイトの時代が来たことからみても、男性たちは今後もセックス及び快楽を追い求めていくことでしょう。