まだインターネットの発達していない時代には、テレクラというサービスが流行していました。

一世を風靡したテレクラブームを解説するサイトヘッダー画像

テレクラブームの時代背景

 

かつてインターネットのない時代がありました。
その時代、男性たちは自身の足で店舗を回り、快楽を求めていました。

 

「レトロ時代」という一言で片づけるのではなく、私達は時としてインターネット時代の進行を警戒し、今と昔を定期的に回顧する必要があるのではないでしょうか。

 

まずは、インターネットのない時代とインターネットのある時代、それぞれのメリット・デメリットを振り返ってみましょう。

 

 

インターネットのない時代

 

現在の“インターネットの時代”では、ネット上で配信されるチャット(所謂「ライブチャット」)で性的な楽しみを求めることが可能です。
配信者の事を一般的にチャットレディーと呼び、性的な配信だけではなく、普通の会話で癒されている人たちも多くいらっしゃいます。

 

しかし、かつてはインターネットなど存在しませんでしたので、私達はそれぞれの求める快楽を実際に足で探す必要がありました。

 

 

一世を風靡した「テレクラ」

テレクラを利用する男性のイメージ

ソープランドデリバリーヘルスキャバクラ
性的快楽は人それぞれであり、異性に対して男性たちは多くのアピールをしたことでしょう。

 

中でも世の男性を虜にしたのが「テレクラ」というサービスです。
現代の若者の多くは「なんで電話するだけなのに流行したの?」と思うかもしれません。
これは、当時の男性たちが普通の遊びに飽きてしまっていたからだと考えます。

 

例えばキャバクラや風俗ではいつもケバめのお化粧に身を包んだ女性が相手であり、新鮮味が徐々に無くなってしまったのです。

 

そんな時代に誕生したのがテレクラです。
テレクラは従来の性風俗店とは違い、出会いやお小遣い稼ぎを求める一般女性(所謂「素人」)が相手であり、今までとは違う新鮮な気持ちで遊ぶことができたのです。

 

もちろん、素人が相手ですから、結果的にセックスに至らなかったことも数多くあるでしょう。
それでも、当時の男性は刺激的な出会いを求めてテレクラに集ったのです。

 

テレクラが現代で通用しなくなった理由とは?

 

 

現代の方が刺激的という現実

現代の女性のイメージ

そして、1980年には「インターネット」と呼ばれるサービスが登場します。
インターネットのある現在でも、もちろん「想像」はしていたでしょう。

 

しかし、実際にはインターネットがそれをしてくれていたから、受け身の態勢でいたというのも一つの事実です。
本当の意味で想像していたのは、インターネットのない時代の方であり、人間たちは不自由をしていたからこそ、いろいろ工夫をしていたはずです。

 

それでもやはりインターネットが普及したのは、それ以上の快楽利便性があったからではないでしょうか。

 

特に、本やビデオでしか見られなかった女性の裸体がスマートフォンで簡単に見られるようになり、ドキドキしながらエロ本を購入したり、ビデオショップで借りたりといった行為が不要となったのは大きな進化であると言えます。

 

さらに、ライブチャットをはじめとしたリアルタイムでの動画配信機能が充実したことで、かつてとは比べ物にならないほどの性的興奮を得られるようになったのです。

 

 

簡単にバーチャルセックスを楽しめる時代

 

インターネットはその後も進化を続け、2000年に入るころには現在進行形で配信を行えるまでに成長しました。
これらの「ライブチャットサービス」を利用すれば、いちいち外に出なくともバーチャルセックスを体感することが可能となったのです。

 

インターネットのない時代ではこのようなサービスが当然ありませんでしたので、男性たちはソープランド、デリバリーヘルスというものを利用し、高いお金を支払うしかありませんでした。

 

一時テレクラがブームになったことを前述しましたが、こちらも出会い系サイトマッチングアプリ等に徐々にシフトしていったことで、当時よりも安い料金でセックスフレンドを探すことが出来るようになったのです。

 

 

想像で楽しめたレトロ時代

 

しかし、手軽にバーチャルセックスを味わえるようになったことで、自分たちで想像することをやめてしまったという現実もあります。
恋人がいなくても快楽を得られるようになってしまったことが、昨今の出生率・婚姻率低下に繋がっているのではないでしょうか。

 

また、インターネットによってなんでも簡単に手に入れられてしまうことで「すぐに飽きてしまう」「次を求めてしまう」といった怠惰の精神にも繋がります。

 

しかしながら、新しい革新的アイデアがそうそう生まれる訳でもありません。
発想の延長線上にあるものも限界は存在しています。

 

インターネットのない時代、娯楽に対しても性的問題に対しても想像する時代がありました。
かつそれほどモノに満たされていないからこそ、いろいろ個人が工夫したり想像したりする自由性があったと言えるのではないでしょうか。

 

 

のめりこみに注意

インターネットを活用する男性

  • 出会い系サイトを使ってセックスフレンドを探す
  • ライブチャットのチャットレディーとの性的快楽

など、現代社会の人たちは存分に楽しんでいらっしゃることでしょう。

 

現代社会は本当に恵まれた時代であると言えますが、この状況が「当たり前」という認識を持ち過ぎてしまっていることに懸念を抱かずにはいられません。

 

ネットを悪用した犯罪も常に一定数が存在しており、中には凶悪事件に巻き込まれてしまったという事例もよく目にします。

 

しかしながら、今更現代社会の最先端の方法を敢えて避けて生きるということは、なかなか人間には出来ないことです。

 

事実ほとんどの男性たちがライブチャット出会い系サイトに依存してしまっている現実があります。

  • 利用時間を決める
  • ライブチャットに使うお金は月にいくらまで

といった形で自主規制を設けることが、現代に於いては重要と言えるのではないでしょうか。
インターネットに依存し過ぎず、上手に付き合っていくことを心掛けるようにしてください。

 

ライブチャットの登場による影響